包茎手術

包茎手術について考える

包茎手術は男性の皮を被った状態のペニスを皮を取り除いて陰茎部分を剥きだしにする手術です。病院によっては保険が効く所と効かない所があって効く場合は5万くらいで効かない場合は10万くらいします。包茎手術はしなくてはいけないと一般論で言われることがありますが、それは皮を被った状態のペニスで女性とセックスをした場合、ペニスの皮の周りは黴菌やカビなどの汚れがついているためそのまま女性の性器に入れると女性に病原菌をうつす原因になります。包茎には種類があって真性包茎と仮性包茎が存在します。真性包茎は陰茎の先端部分まで皮を被った状態のことで仮性包茎は陰茎部分が先だけ剥きだしで後は全部皮を被った状態のことを言います。包茎は手術をしなくても改善方法があります。それは自分で皮を剥くことなのですが、いきなり剥くとペニスに激痛を感じることがあるのでお風呂に入ってペニスに熱いシャワーを当てた状態でちょっとずつ先っぽから剥いていきます。ですがその日に全部剥くのではなく、毎日シャワーで全部が剥きだしになるまで皮を剥いていきます。けどこれは自信のある人だけできることで後の方は病院で包茎手術をしてもらった方が一日で終わるのでそっちをお勧めします。

特殊な包茎手術の方法

包茎手術の方法というのは、色々な方法というのが編み出されており複雑な感じになってきています。包茎手術クリニックの有名な方法の1つとして、EST式複合法包茎手術というのがあります。これはかなり特殊な方法で、エストクリニックで行わている独自な方法となります。いくつかの方法というのを組み合わせて手術をします。基本としてはポピュラーな亀頭直下埋没法を採用して、そこに状況に応じて、Vカット小帯保存法やコーレス筋膜皮下形成温存法を組み合わせて行います。起動直下埋没法は、亀頭の下の部分を切るやり方をします。このやり方ですと、手術跡が目立たないので人気の方法です。Vカットは、名称通りV字に切るのですが、亀頭の裏筋についている小帯というのがあるのですが、これは性感帯でもありますので取り除くのはまずいので、これを残すようにカットする方法であります。コーレス筋膜は、ペニスの表皮の下の筋肉の膜の事を言います。これがなくなると柔軟なピストンができなくなりますので、これを温存する様に手術をします。3種の方法には、それぞれメリットがあり、そのメリットを全て含んでいるのがEST式復号法包茎手術であります。その分手術時間が伸びてしまいますが、メリットは多いです。

 

参考:包茎手術を安心・安全に

 

包茎手術クリニック選びで一番重要なのは料金などだけでなく、安心感と安全性です。安心安全な包茎手術クリニックについて触れています。